39

飛騨市でたった一人!塗師が今伝えたいこと

伝統工芸『飛騨春慶』を“知る” “感じる” “作る”

飛騨に残る塗師(ぬし)が伝える、400年続く飛騨の伝統工芸『春慶塗』の歴史。

まずは漆の性質、漆器の扱い方などを“知る”漆学講座です。

 

そして、普段拝見できない職人が使う道具を見たり、漆の匂いを“感じる”時間。

 

“作る”では、オリジナル銘々皿を作ります。

白木地にご自身で絵や文字を書いて、下地の工程の一部を体験します。

後は、塗師が春慶塗で仕上げ郵送でお届けします。

 

体験を通して、伝統工芸を身近に感じて生活に取り入れてみませんか?


注意事項

汚れてもよい服でお越しください。

エプロンなど、手拭きタオルなどをお持ちください。

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display

春慶塗師 石橋祥二

東京都出身

春慶に魅了され飛騨に移住して35年

宇宙まるごと創生塾 飛騨アカデミー事務局長

Display

WOLEPACO(ウレパコ)

飛騨神岡の雑貨屋。5月にopen2周年を迎えた。

集合場所

Display

WOLEPACO(ウレパコ)

〒506-1161

岐阜県飛騨市神岡町船津2137-5

神岡消防署向かい

駐車場:無料有

最寄りバス停名:神岡営業所

申し込み・問い合わせ先

Display

飛騨みんなの博覧会WEBサイト

もしくは

フリースペース ウレパコ

0578-86-9023

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2018/10/07(日) 13:00 〜 15:00
予約開始
2018/09/01 10:00
予約終了
2018/10/03 17:00
料金
2,000円
定員
0 / 10 人
最少催行
5人
備考

出来上がり品の送料込み

おすすめプログラム